イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

子どもがご飯を食べ残すときには、絵本「ぶたにく」

子どもたちも小学校高学年ともなると、太ることを気にし始めます。親から見ると太っていないのに、友達の方が細いとか。だから、せっかく作ってあげた焼肉の夕飯も残されてしまうことがあります。もったいない、でも、怒っても治らない。そんなときには、絵本「ぶたにく」です。

 

 

ぶたにく

ぶたにく

 

   子豚の可愛らしい写真に、「ぶたにく」のタイトル。違和感に誘われて、絵本の扉を開くと、かなりほっこりさせられた後にゾッとして、考えさせられる怖い絵本でした。ルポルタージュものより、より現実を味わえます。

   絵本というより写真本です。舞台は鹿児島知的障害施設。入所者が豚を育てています。いきなり、豚の出産シーンの写真に、度肝を抜かれます。生命の神秘。一気に14匹生まれますが、そのうち2匹は死産。自然の摂理の厳しさに、読んでいた子どもたちもしんみりしてしまいます。

   とにかく、豚の生活に密着して、ギリギリまで接近して撮影された写真に圧倒されます。読んでいる私たちが豚に寄り添っている気分になれます。

   母豚の乳首を奪い合う子豚たち。ここでも弱肉強食の世界。強い子豚が、よく乳が出る乳首を選ぶそうです。

   子豚たちの写真に愛着が湧いたころ、豚の餌は人間が食べ残した残飯だという現実を突きつける写真が出てきます。もったいない。子豚たちのおかげで無駄がなくなります。残飯の中には豚肉が入っていることもあるという文章にどきりととさせられたけど。

 子豚たちの愛くるしい成長の写真にほっこりした後、10か月目の写真。屠殺場へと連れて行かれます。1頭が豚肉になるまでは、わずか25分だとか。豚肉になった写真に言葉もありません。

  そして、施設では、また豚の出産が始まります。人生ではなく、豚の一生は、その繰り返し。絵本の最後の言葉「すべて食べ尽くしてこそ、むくいること」に納得できる絵本でした。

   この絵本を読んでから、子どもたちは食事を残さずに食べるようになりました。

 

 

 

 

ひらがなの、みりょくあふれるえほん「めっきらもっきらどうんどん」

絵本なので、当たり前ですが、全文がひらがなです。

そして、そのひらがなが踊り出す、ひらがなのみりょくあふれる絵本「めっきらもっきらどうんどん」です。

 

めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)

めっきらもっきら どおんどん (こどものとも傑作集)

 

 かんたはひとりぼっちであそんでいました。

ひとりぼっちにおこっって、めちゃくちゃなうたをおおごえでうたいます。

「めっきらもっきらどうんどん!」

すると、あなにおちていき、へんないきものにであいます。

 

このあたりの展開は、「不思議の国のアリス」を思わせます。

しかも、日本語のひらがなのリズムがこことよく、読み聞かせしやすい絵本となっています。

横長の絵本ですが、ストーリーの内容に沿って、縦に立てて読ませる場面もあり、飽きさせません。

 

最後に、かんたが心細くなって、叫ぶ言葉に泣かされます。

最初に歌った歌を思い出せるか、子どもと歌ってみるのも楽しかったなー。

自分たちで歌を考えてみてもいいですね。

 

絵本「ミルクこぼしちゃだめよ!」でアフリカ体験

絵本「ミルクこぼしちゃだめよ!」の主人公であるアフリカの小さな女の子ペンダは、山の上で羊の世話をしているお父さんにミルクを届けようと思い立ちます。

頭の上にミルクを入れたおわんをのせて、苦労を重ねてやっとたどりつきますが…


ミルクこぼしちゃだめよ!

Amazonで購入

山の上までいく道のりで、ペンダは、らくだや白っぽいきりん、魚釣の船、仮面のお祭り、砂漠、マンゴーの木などのアフリカらしい光景に出会います。

アフリカってどこにあるのって子供に質問されましたが、すぐには答えられませんでした。ちょっと考えてから「あついところだよ」とだけ教えました。エキゾチックな印象だけで終わらせていた自分を反省して、本を読んで勉強せねば! 

 

厳しい自然の中でも、親子が互いを思いやる姿に感動します。そして、ハプニングが起きたあと、お父さんが娘にかける言葉が泣かせます。一人の父親として見習いたいです。

作者のスティーブン・デイヴィーズは、西アフリカで暮らしている英国人。アフリカの活気が、にぎやかな色彩で埋め尽くされている絵で表現されています。

絵本「ぼくのサイ」ナンセンスがおもしろい

サイを飼うことにした男の子が、あまりに大人しいのでつまらなくなり、専門家に相談しました。すると「サイは、ふたつのことしかできないのよ。風船を割ることと、凧に穴を開けること」とアドバイスされて試してみましたが、というあらすじからして、ナンセンスな設定ですが、絵のタッチとあわせて、ほのぼのとした気持ちにしてくれます。

 

ぼくのサイ

ぼくのサイ

 

 

 

絵は一見、クレヨンの雑な塗り絵のように、色がはみ出していて、親近感がわいてきます。そして、サイのとぼけた表情の面白さ! その表情を見るだけでも一読の価値ありです。その表情がが、強盗を退治する場面では、得意げに見えてしまうのも愉快です。

サイの専門家が普通のおばさんでしかないのもおかしさを誘いますが、実はもっとできることがあるんだと男の子が気付く結末は痛快の一言。

読み聞かせを聞いた子供たちも「こんなサイ飼いたいな」「カバの方がいいんじゃない」と夢が膨らんでいる様子。あわてて、止めようとしましたが、思いとどまり、しばらく自分たちがサイを飼っている様子を想像させておくことにしました

絵本「よるのようちえん」こわいけど,ゆかいな絵本

「よるのようちえん」というタイトルからして,そそられる絵本です。

 

よるのようちえん (日本傑作絵本シリーズ)

よるのようちえん (日本傑作絵本シリーズ)

 
よるのようちえん feat.波田野睦美

よるのようちえん feat.波田野睦美

 

 谷川俊太郎さんのオノマトペの言葉が跳ね上がり,モノクロの写真にポップなイラストもはねあがる。

言葉遊びに満ちた不思議な世界は,谷川ワールドの独壇場ですね。

幼稚園が誰もいなくなったときに,どうなっているのか,という設定も子どもたちの想像力を喚起して,さらに絵本の世界から広がりが感じられます。

 

ikumenyomikikase.hatenablog.com

ikumenyomikikase.hatenablog.com

ikumenyomikikase.hatenablog.com