イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

アナログだからこそ楽しめる3D絵本「かがみのえほん きょうのおやつは」

 

何年か前に映画「アバター」が話題になって「スターウォーズ フォースの覚醒」が4DXで体感できる時代に、3Dを楽しめる絵本「かがみのえほん きょうのおやつは」を紹介します。

 

きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)

きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)

 

プレステVRやコンピュータがなくても、3Dを楽しめるので、絵が飛び出てくる絵本です。原理は簡単、鏡に映すことで、卵や牛乳、湯気、シロップが空間に浮かび上がってきます。アナログなんだけど、アナログだからこそ、子どもも大人も素直に感動できるのではないでしょうか。

しかも、ホットケーキを作る手順も知ることができます。

シロップをホットケーキにかけるページでは、本当に飛び散りそうで、びっくりしてしまいます。

 

姉妹編として、同じ作者の「ふしぎなにじ」「かがみのサーカス」も出版されています。

 

ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)

ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)

 

 

かがみのえほんプレゼントセット【全2冊・特製ケース入り】 (福音館の単行本)
 

 

かがみのサーカス  かがみのえほん (福音館の単行本)

かがみのサーカス かがみのえほん (福音館の単行本)

 

 

 

 

昆虫の目の仕組みがわかる理系絵本「女王さまの影 動物たちの視覚のはなし」

 

 

舞踏会の最中に停電して、女王さまの影が盗まれます。名探偵のシャコが動物たちを調べていきますが。動物たちの近くに着いた楽しく学べる1冊動物たちの驚くべき能力に迫ります。

 

 

女王さまの影―動物たちの視覚のはなし

女王さまの影―動物たちの視覚のはなし

 

 

 

シャコ、カメレオン、サメ、マムシ、ヤギ、トンボ、イカ、ハト、ウニがどんな風に見えているのか、うんちくを得ることができる絵本。読み聞かせをして、子供だけでなく大人も楽しめる1冊です。

 

ウニの視覚なんて考えたこともなかったので、これで、また知識を得て、飲み会の話題に出せば、見直されるかな。

ハロウィンにはしかけ絵本で趣向を変えて楽しもう「トリック・ホラー・ナイト」

もうすぐハロウィン。

飾り付けしたり、扮装したり、ハロウィン向けのお菓子を作ったりと、子どもと遊ぶための方法はいろいろありますが、今年は視覚トリックを使ったしかけ絵本で子どもとハロウィンを楽しんでみませんか。

 

トリック・ホラー・ナイト: マシュー・ラビリンスのだまし絵イリュージョン!

トリック・ホラー・ナイト: マシュー・ラビリンスのだまし絵イリュージョン!

 

 マシュー・ラビリンスという作者の名前からして、うさんくささがプンプン臭う絵本ですが、しかけは思いの外しっかりしていました。

 

西洋のモンスターが日本に来て、日本のお化けと交流するという物語は、あってないようなものです。が、各ページに視覚トリックが仕掛けられています。

肖像画が浮かび上がって見えたり、なんとなく絵が動いて見えたり、エッシャーの絵のような迷路があったり…

正直言うと、すべてが成功しているわけではありません。書いてあるとおりに見ても、動いて見えなかったり、迷路の仕掛けはトリックというより子供だましのような…

でも、そんな「見える?」「見えない?」「わかる?」「わからない?」ということから、読み聞かせをしながら親子の会話が弾んでいきます。

なかでも、日本の有名な推理小説のトリックに似たページ、半分に切ってずらすとお化けの数が増えるページは感心してしまいました。

みなさんと、おこさんは、どのページに驚くのでしょうか? ハロウィンに読み聞かせをして親子で盛り上がれる絵本でした。

 

ちなみに、同じ作者でクリスマスバージョンもあります。

 

 

トリック・クリスマス・ファンタジー: マシュー・ラビリンスのだまし絵イリュージョン!

トリック・クリスマス・ファンタジー: マシュー・ラビリンスのだまし絵イリュージョン!

 

 

 

トリック・クラフトBOOK of トリック・ホラー・ナイト: マシュー・ラビリンスのからくりイリュージョン!

トリック・クラフトBOOK of トリック・ホラー・ナイト: マシュー・ラビリンスのからくりイリュージョン!

 

 

横に細長い絵本で、変形読み聞かせが面白い

絵本は、一般書と違って、決まった大きさの装丁がなく、内容を豊かに表現するために、いろいろ工夫した変形の本が数多くあります。

もし、普通の読み聞かせにこどもが飽きてきたら、ちょっと変わった形の絵本で興味を引いてみてはいかがでしょうか。

 

今回は、横に細長い形の絵本で、美術館や海、象を表現した絵本3冊を紹介します。

まずは、「あぁとくんをみかけませんでしたか?」です。

 

あぁとくんをみかけませんでしたか? (RIKUYOSHA Children & YA Books)

あぁとくんをみかけませんでしたか? (RIKUYOSHA Children & YA Books)

  • 作者: ジョンシェスカ,レインスミス,Jon Scieszka,Lane Smith,おびただす
  • 出版社/メーカー: 六耀社
  • 発売日: 2016/02
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

友達の「あぁとくん」探していて、なぜかMoMAニューヨーク近代美術館に迷い込んでしまった男の子。ゴッホ、ダリ、モネ、そして、ウォーホールなどの絵画やモダンアートを体験していきます。

 

美術館のギャラリーを模した横長の体裁がユニークです。そして、ページをめくるたびに名画や、なにやらわけのわからぬアートがたくさん目に飛び込んできて、刺激を受けます。精密なヘリコプターもアートなんだ、驚く男のこのページは向きを変えて、縦長となって、高い位置に吊るされた部屋を表現しています。

細長い見開き2ページいっぱいに展示されたモネの「水にうつる雲」も圧巻です。

この絵本を眺めていると、MOMAに行きたくなってしまうでしょう。

次は、「いいこにして、マストドン!」。

著者はミカエラ・チリフ。2015年にワールドライブラリーから発行されました。

shop-wl.jp

メキシコの絵本コンクール風の岸辺賞の2013年受賞作品です。

家の中で大きな象と暮らす男の子が主人公。象はいつも「やだ」といって、男の子を困らせます。家の中がめちゃくちゃになって、でも、最後には、というお話。

横に細長い体裁で、かつ、上にページをめくる形式なので、紙芝居とかパラパラ漫画のように読み聞かせすることができます。

上のページには白地に手書きのセリフ、細長い下のページには部屋の中で暴れる象と男のやり取りが描かれています。

南米らしい明るい部屋のデザインも楽しめます。

 

最後は「なみ」。シンプルな題名と内容の絵本です。

 

なみ (講談社の翻訳絵本)

なみ (講談社の翻訳絵本)

 

 内容はいたって、シンプル。女の子が浜辺で波と戯れていると、大きな波が飲み込んで…

セリフも地の文は、いっさいありません。絵だけの絵本です。色使いも黒と青だけ。

でも、青々とした色の波が横長のページいっぱいに押し寄せる場面では、海の音が迫力いっぱいに聞こえてきます。

細長いキャンバスを活用した構図に、飲み込まれて、驚きがいっぱい詰まった絵本です。

 

子どもに友達の意味を伝える絵本「ともだちや」


キツネとくまとおおかみが出てくる絵本って、いかにも悪者大集合という感じで、怖い内容を想像してしまいますが、タイトル通り友情について考えるきっかけになる絵本です。もちろん、オオカミは口がでかくて怖いし、荒々しい友情の表現ですけどね。


ともだちや

Amazonで購入

きつねが「ともだちはいりませんか? 一時間100円、二時間200円です」と叫びながら森を歩いていると、くまやきつねに呼び止められて、怖い体験をして、でも、本当に友達がほしかったのは誰?という展開が、心地よい物語です。

最初にウズラの親子に呼び止められたキツネは、寝たばかりの子どもが起きてしまうから小さな声でと言われて従うあたり、ずいぶんと小心者のキツネで、笑いを誘います。また、熊のまずいイチゴを食べて元気のない場面では、暗い背景のイラストが効果を現します。

そして、友達として過ごしたあとで、お代を請求されたオオカミが怒るシーンでの、迫力ある大きな口。文章と絵が相乗効果を出していて、絵本のお手本のような絵本です。

ラスト、本当の友達の意味を知って、夜道をスキップして帰るキツネの後ろ姿がほほえましいです。そして、最初と最後にでてくるミミズクもいい味だしています。

「ともだちや」はシリーズになっています。キツネのその後がやはり気になります。