読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

梅雨の季節に最適な絵本「かさ」、文字のない絵本を読み聞かせしよう!

梅雨の季節に読み聞かせしたい、大田大八さん作・絵の絵本「かさ」を紹介します。 かさ (ジョイフルえほん傑作集 10) 作者: 太田大八 出版社/メーカー: 文研出版 発売日: 2005/02 メディア: 大型本 購入: 1人 クリック: 9回 この商品を含むブログ (10件) を…

絵本「よふかしにんじゃ」は大阪弁が効果的

切り絵のよう絵が印象的に、忍者の陰を浮かび上がらせるスリリングな展開です。作者が外国人なのが、意外でしたが、ミステリーを書いていると紹介されているので納得しました。よふかしにんじゃバーバラダ・コスタ光村教育図書1365円Amazonで購入シャープな…

テレビでも絵本でも応援したくなる「はじめてのおつかい」

7歳の娘は、テレビ番組の「はじめてのおつかい」が大好きです。そこで、その番組のヒントになったと思われる絵本「はじめてのおつかい」を、大型本で読み聞かせしました。内容は、テレビ番組にも負けない小さな大冒険で、はらはらどきどきしてしまいます。は…

絵本「おかしのくにのうさこちゃん 」は無表情なのに愉快

無表情なウサギが主人公のこのシリーズ、いつも同じ顔なのに、いろいろと感情がにじみ出てくるところが不思議で、スキなんです。 おかしのくにのうさこちゃん (ブルーナの絵本) 作者: ディック・ブルーナ,松岡享子 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2007…

1冊で14人の絵本作家の個性がわかるお得な絵本「エリック・カールと仲間たち きみのすきなどうぶつなあに?」

エリック・カールが同僚の絵本作家に呼びかけて,好きな動物の絵とその理由のコメントを集めた絵本です。選んだ動物やその理由、そして、描き方が、それぞれの個性を活かしてバラエティに富んだものとなっています。「ルーシーちゃん」シリーズのールーシー…

絵本「ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ」はイラストと文章が交互に配置された迫力ある構成です

イラストのページと文章のページが交互にあらわれる体裁の絵本「ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ」(いわむらかずお作)。それは,列車がトンネルに入ったり出たりを繰り返して,暗闇と景色が交互に見えるようなリズムで,不思議な感覚になります。ひとり…

絵本「どっとこどうぶつえん」子どもの脳力を刺激するミニマムな動物に脱帽

絵本「どっとこどうぶつえん」に登場するキリン、ライオン、ミニマムなシマウマ!、カバ、ワニ、パンダ!(緑一色の竹林の表現が効果的)、ペンギン、トラ、サル山、シロクマ!、フラミンゴ,クジャク,ウサギ,マンドリルなどなど。単純な四角のドットと,色…

子どもが友達との関係で悩んでいる時に読み聞かせした絵本「ヒワとゾウガメ」

絵本「ヒワとゾウガメ」は,おしゃべりな鳥のヒワと,無口なゾウガメが仲良しという設定が興味深く,読み聞かせをしました。子どもは小学校で友達とどう接していいか悩んでいる様子だったからです。明るくおしゃべりなヒワに対して,ゾウガメは微笑みたくて…

本屋さんになりたいなら、「本屋さんのすべてがわかる本」で研究しよう!珍しい本屋さんや本屋さんの学校があるよ。

絵本の読み聞かせをしていると、子供たちは「本屋さんになりたい」「図書館で働きたい」という夢を持つようになります。そこで、子供向けに本屋さんの歴史から活用法までがすべてわかるシリーズが出版されましたので、その本を紹介します。全巻で4冊になる「…

子どもが眠れなくなるほど、読み聞かせができない怖い絵本「かがみのなか」

鏡の中にもう一人の自分がいるという設定。恩田陸さんの文章は詩のように、シンプル。でも、それゆえに、薄気味悪いものがじわじわと迫ってきます。鏡は日常の中に、いろいろなところにあります。例えば、食事の時に使うスプーンにも自分が写っていてびっく…

絵本「かいじゅうたちのいるところ」はラストシーンが文字のみで潔さにびっくり

映画を先に見てしまったので、絵本「かいじゅうたちのいるところ」のシンプルな物語に逆に驚きました。頁をめくるたびに、主人公マックスの想像力が広がっていくのを表現するように、大きくなる絵。逆に最後のページは文字のみの深い余韻。かいじゅうたちの…

妻とのワークライフバランスを見直すきっかけとなる本「新しいパパの働き方」その2「手帳を使いこなそう」

ワークライフバランスを見直しきっかけとなる本が「新しいパパの働き方」で,イクメンのマストアイテムと紹介されているのが,手帳です。子どもの行事に出席するために妻と予定を調整したり、子どもの送り迎え、そして、PTA活動などを忘れずにこなしたりする…

妻とのワークライフバランスを見直すきっかけとなる本「新しいパパの働き方」その1「最新家電を使いこなそう」

イクメンに関する本は,子どもとのかかわり方がメインの内容になることが多いものです。この本は,子どもだけでなく妻や会社との付き合い方を考え直し,ワークライフバランスを見直しきっかけとなる本が「新しいパパの働き方」です。なかでも,マストアイテ…

奮闘するお父さんの姿が読者の目に浮かぶ絵本「おとうさん! おとうさん!」

中川ひろたかさんの絵本「おとうさん!おとうさん!」には,イクメンの鑑のようなお父さんが登場します。「お父さん,ワニになって!」「お父さん,滑り台になって!」といった子供の要求に素直に従って、変身するお父さん。だから、途中のページで、お父さ…

絵本を読む場面が出てくる絵本「よるのいえ」は、絵本を読む効用を説いてくれます。

絵本「よるのいえ」では、孤独な少女がいかにして暗い家の中で、絵本を読むことによって気持ちを落ち着かせて安眠へと誘われていくかを描いています。よるのいえ (大型絵本)スーザン・マリー・スワンソン岩波書店1404円Amazonで購入書評鍵を開けて、家に入り…

絵本「105人のすてきなしごと」の105人って何だろう!?

小学四年生の娘が金管楽の部活を始めて1年になります。8月のコンクールを目指して、練習に励んでいます。クラブ活動は初めてなので、みんなで協力して目標に向かって練習することも初めてですし、楽譜を覚えるのに苦労しているようですが、楽しんで演奏して…

読み聞かせする場面が出てくる映画「ムーンライズ・キングダム」

今回は、趣向を代えて、絵本のような世界で、情けない大人たちとかわいげの無い子どもが繰り広げる追跡劇が、意外な着地点を見いだして、思わずほろりとさせられる映画「ムーンライズ・キングダム」を紹介します。読み聞かせをするシーンもあり、印象的です…

子どもに結婚の意味を教える絵本「しろいうさぎとくろいうさぎ」で癒されます

この絵本を読み聞かせすると、子どもたちが決まって、くろいうさぎが目をまん丸くする場面で笑います。それほど、うさぎの生態や表情が愛らしく描かれています。日本語のタイトルは、平凡なようでいて、奥が深い。原題をみると、すぐにくろいうさぎが悩んで…

子どもと一緒にグリーンカーテンを作って,ゴーヤーを活用したくなる本「育てて,発見! ゴーヤー」

夏の暑さ対策に,グリーンカーテンを作りたいと思いつつ,なかなか面倒に思って取り掛かれませんでした。今年は子どもと一緒に育てようかなと思って,見つけたのがこの本「育てて,発見! ゴーヤー」です。育てて、発見! 「ゴーヤー」真木文絵福音館書店1296…

父の日こそ逆に子供たちにお話をプレゼントして見ませんか。絵本を「パパとおはなし」

昨年の父の日でしたが、覚えていないかなと思っていたら、似顔絵入りのケーキを子供たちからもらいました。ところで、父の日こそ子供たちにお話で夢をプレゼントしてみませんか。国際アンデルセン賞受賞作家である、まどみちおさんの絵本「パパとおはなし」…

科学と絵本の意外な関係がわかる「子どもと読みたい科学の本棚」

タイトルからの印象と違って,絵本の紹介もある子ども向けブックリストです。子どもと読みたい科学の本棚藤嶋昭_::_菱沼光代東京書籍1470円Amazonで購入科学と絵本の組み合わせは意外で新鮮でしたが,紹介されている絵本のなかで,「どうぶつがすき」「やあ…

意外とかわいいよ。雨の日はナメクジを探そう! 写真絵本「ここにいるよ!ナメクジ」

道ばたに立つ木に白い不思議なスジがついていることがあります。なんと、それはナメクジが通ったあとなんだそうな。この絵本には、ナメクジがくわしく分かるように大きな写真で紹介されています。子供たちが見たら逃げてしまいそうなほどの迫力です。ここに…

読み聞かせになれたら,ぷちブックトークをして,関連した本を紹介しよう!

ブックトークとは,子どもたちが一人で本を読むことに興味を持たせるためにテーマを決めて,7,8冊の本を本と本につながりを持たせて紹介することと説明されています。それを簡単に取り組みやすく3冊程度にしたので,ぷちブックトーク。その方法を紹介し…

「忙しいビジネスマンのための3分館育児」,読み聞かせするときに応用できる!

仕事は忙しくて育児に時間が割けないというイクメンのために,子育ては量より質だというアドバイス集。忙しいビジネスマンのための3分間育児 (ディスカヴァー携書)作者: おおたとしまさ出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2013/05/16…

絵本「ちいさなちいさな」もっと微生物を調べたくなる!

びせいぶつって、体に入ると病気になるとしか思えない子供が多いようです。ただでさえ、虫が嫌いで、微生物なんてもってのほかという我が子に、この絵本「ちいさなちいさな」を読み聞かせしてみました。ちいさなちいさな―めにみえないびせいぶつのせかい作者…

「親子遊び大百科」は、外遊びやパズルが子どもの解決能力を飛躍させる

親子遊び大百科2014 完全保存版 (プレジデントムック プレジデントFamily)出版社/メーカー: プレジデント社発売日: 2014/07/22メディア: ムックこの商品を含むブログを見る 「親子遊び大百科」は、外遊びやボードゲームやパズルが子どもの解決能力を飛躍させ…

「英語でもよめるスイミー」は日本語と英語で二度楽しめる絵本

題名のとおり,英語の原文と谷川俊太郎さんの訳が並べて表示してあるので,二度楽しめる絵本です。日本語と英語で、それぞれ読むと味わいが違います。そして、日本語の面白さが伝わってきます。英語でもよめる スイミー (レオ=レオニの絵本)作者: レオ=レオ…

子どもと一緒に庭を作るなら絵本「庭をつくろう」

両親と兄妹のバンジャマン一家が春に引っ越します。でも、その家の庭は荒れ放題。そこで、家族で庭づくりに励みます。 庭をつくろう! 作者: ゲルダミューラー,Gerda Muller,ふしみみさを 出版社/メーカー: あすなろ書房 発売日: 2015/03/24 メディア: 大型…

こどもにしゃっくりの止め方を教えるなら,この絵本「くしゃみ おなら どうしてでるの?」

こどものしゃっくりが止まらなくなりました。そこで、息を止めて水を飲ませたんだけど。それでよかったのかなと思って、調べたら、この本に出会いました。なんと、べろを思い切りだせばとまるんだって! 始めて知りました。くしゃみおならどうしてでるの? (…

絵本「ちきゅうがウンチだらけにならないわけ」で、ウンチを学ぶ

絵本の題名が「ちきゅうがウンチだらけにならないわけ」ってどうして、という子どもの素直な疑問がそのままタイトルになっていて,惹かれました。主人公は犬。犬は道にウンチをしますが、飼い主が拾って処分してくれます。でも、カラスやウサギ、カエルなど…

絵本「ねむいねむいちいさなライオン」は夜寝る前の読み聞かせにピッタリです

ライオンのあかちゃんの豊かな表情をモノクロの写真で構成した、絵本ならぬ写真の絵本。これに、マーガレット・ワイズ・ブラウンが言葉をつけて、物語にしています。ねむいねむいちいさなライオンマーガレット・ワイズブラウン徳間書店1470円Amazonで購入好…

絵本「かないくん」死ぬってどういうことなのか。

絵本「かないくん」を図書館で借りてきました。絵本と書きましたが、置いてある場所は漫画・イラストの棚でした。体裁は絵本なのに、どうしてかなと思ったら、絵が「ピンポン」の松本大洋さんだからなのですね。文章は谷川俊太郎さんです。内容は、クラスメ…

母の日に小学生の娘といっしょに手作りケーキに挑戦!

今年の母の日は、クックパッドの「母の日✿簡単!カーネーションのプチケーキ by 朝まと」を参考にして、小学生の娘二人といっしょに、手作りケーキに挑戦しました。レシピでは、プチケーキは既存の物を使用していましたが、マフィンのもとを利用して最初から…

「絵本 つくりかた」は,絵本作家になりたい人や読み聞かせをさらに理解したい人にオススメ

「絵本 つくりかた」は,絵本作家による丁寧な絵本の作り方を紹介していて,絵本を書きたい人はもちろん,絵本が好きな人や読み聞かせするお母さんお父さんにも参考になる本です。絵本つくりかた (プロの現場から学ぶ!)作者: つるみゆき出版社/メーカー: 技…

「絵本作家という仕事」はインタビューもアトリエも洒落ている

15人の絵本作家のインタビュー集で、アトリエ写真も紹介されています。絵本作家という仕事作者: 講談社出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/04/27メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 1人 クリック: 7回この商品を含むブログを見る とにかく紹介されてい…

絵本「きりのなかのサーカス」意味を問うのは、それこそ意味の無い絵本

霧がただよう街の風景を、トレーシングペーパーに描かれたイラストで表現された幻想に満ちた絵本「きりのなかのサーカス」です。きりのなかのサーカスブルーノムナーリフレーベル館2415円Amazonで購入まるで、夢を見ているようにゆっくりと眺めていき、あら…

猫の描き方が猫らしい絵本「てつぞうはね」

猫好きな方におすすめの絵本です。変幻自在に姿を変える猫のてつぞうを描くのびのびとして筆致とテーマがピッタリで、ページをめくる度に笑ってしまいます。表紙の猫の姿からして、変わっていて、目を惹きます。てつぞうはねミロコマチコブロンズ新社1470円A…

絵本「まばたき」で,一瞬の人生に美しさを感じます

読み聞かせするより,親がじっくりと人生を考えるときに眺める絵本「まばたき」です。まばたき (えほんのぼうけん67)作者: 穂村弘,酒井駒子出版社/メーカー: 岩崎書店発売日: 2014/11/26メディア: 大型本この商品を含むブログ (5件) を見る ちょうちょが飛ぶ…

はるってどんなもの? 絵本で探そう

女の子のカーディガンについている5つのボタン。いつも冬に登場するので、春を知りません。そんなとき、春は、あたたかくて、いい匂いがして、来るものだと聞いて、カーディガンを着たホットケーキが歩いてくる姿を思い浮かべます。はるって、どんなもの? (…

絵本「パンダ銭湯」大人も子どもも夢中になるパンダの秘密

絵本「パンダ銭湯」には、表紙を開くと、パンダ以外は入店禁止の張り紙が出てきます。どういうことなのかなと読み進んで行くと、パンダのイクメンが息子と銭湯に入る場面になり…服を脱ぎ、頭を洗うと、あらわれたのは…秘密はこの絵本を読んで、驚いてくださ…

映画「シンデレラ」を観ると,原作絵本も読みたくなります

映画「シンデレラ」を二人の娘と観てきました。 シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD) アーティスト: V.A. 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS 発売日: 2015/04/22 メディア: CD この商品を含むブログを見る 「マレフィセント」とは違って、原…

絵本「12にんのいちにち」は、ある街に住む12人の住民の生活を同時並行で描く意欲的な絵本

絵本「12にんのいちにち」の登場人物は、わんぱくな小学生、ペンキ屋さん、看護師さん、テレビ記者、パン屋さん、消防士、おばあさん、小説家、宅配便のお兄さん、赤ちゃん、そして、ライオンと銅像も!12にんのいちにち杉田比呂美あすなろ書房1512円Amazon…

題名のインパクトに惹かれた谷川俊太郎さんの絵本「しんでくれた」

表紙には、ハンバーグと野菜の絵、そして、「しんでくれた」という文字。しんでくれた作者: 谷川俊太郎,塚本やすし出版社/メーカー: 佼成出版社発売日: 2014/04/18メディア: 大型本この商品を含むブログを見る 何のお話かな、子供向けなのかなと恐る恐る絵本…

みんながこころでつながっているんだよと子どもに教える素敵な絵本「こころの家」

こころって何だろうって誰でも疑問に思います。子どもからそんな質問を受けたら、この絵本「こころの家」を読んであげましょう。こころの家キムヒギョン岩波書店1728円Amazonで購入書評こころは家に似ているとして、よくばりは大きな家に住み、頑固者は同じ…

2つの結末を提示するラストが新新な現代版「赤ずきん」の絵本「ガール・イン・レッド」

グリム童話の名作「赤ずきん」を,現代的にアレンジ。2つの結末を提示するラストが新新です。赤ずきんがおばあちゃんの家に行く前に,道草してしまう森は「THE WOOD」として,都会のショッピングセンターとなり,赤頭巾ちゃんを惑わします。消費生活を揶揄…

あみだくじ、だけの挑戦的な絵本「あみだだだ」

30ページに15のあみだくじ、それだけの挑戦的な絵本「あみだだだ」です。あみだだだ (日本傑作絵本シリーズ)作者: 谷川俊太郎,元永定正,中辻悦子出版社/メーカー: 福音館書店発売日: 2014/02/05メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ひとつひとつのあ…

絵本で子どもの想像力を伸ばす遊びが参考になる「絵本学講座4 絵本ワークショップ」

絵本を読み聞かせするだけでなく、絵本を活用してさらに遊びに発展させたら楽しいと思いませんか? この「絵本学講座4 絵本ワークショップ」には、図書館や美術館で実践されているワークショップ(創作活動プログラム)が63活動も紹介されていて、家庭で遊ぶ…

絵本「こまったうしのがいこつまおう」人生で大切なものが何か途方に暮れた方へ

題名で何? 「うしのがいこつまおう」って何?はてなマークが頭に渦巻く題名で子供の興味を引きつけます。でも、うしのがいこつまおうの説明は特にありません。でも、その代わりにわかることとは?こまったうしのガイコツまおう作者: 松山円香出版社/メーカ…

眠る前の読み聞かせにピッタリ!「おひめさまはねむりたくないけれど」

夜になかなか寝ない子は、万国共通で、落ち着いてすんなりと眠りに誘う絵本をまた、見つけました。「この絵本を読めばよく眠れる」というジャンルがつくれそうです。 おひめさまはねむりたくないけれど (そうえんしゃ・世界のえほん) 作者: メアリールージュ…

絵本は子どもに体験をもたらすものー「絵本をよむこと 絵本学入門」

1 言葉と絵のトータルデザイン2 大量生産品・商品3 社会・文化・歴史の記録、ドキュメント4 子供に体験をもたらすもの5 芸術の一形態6 無限の可能性この6つの言葉は、「絵本をよむこと」の本の中で紹介されている、バーバラ・ベイダーによる絵本の定義です。…