イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

ドロシー・クンハートの絵本「さあ、はこをあけますよ!」は幸せを感じるラスト

ドロシー・クンハートの絵本「さあ、はこをあけますよ!」は、横長の体裁に赤と黄と黒と白の4色を基本としたシンプルな絵。そして、手書きの文体の文章が、目を引きます。物語はサーカス団を舞台としています。ちいさな犬をめぐる哲学的な絵本です。でも、難…

絵本「ちいさなワオキツネザルのおはなし」の主人公は輪尾狐猿と表記します

ワオキツネザルって名前が面白いなと手に取ってみた絵本です。ちいさなワオキツネザルのおはなし (児童書)作者: オフィーリアレッドパス,Ophelia Redpath,松波佐知子出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2014/11/12メディア: 大型本この商品を含むブログを見る…

絵本「チビウオのウソみたいなホントのはなし」メタ絵本の仕掛けが楽しい

絵本「チビウオのウソみたいなホントのはなし」の主人公は、狼少年のようにほら吹きな小魚。チビウオのウソみたいなホントのはなし作者: ジュリア・ドナルドソン,アクセル・シェフラー,ふしみみさを出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2012/08/08メディア: 大…

絵本「おとまり、おことわり?」は、寝る前に読み聞かせすると安眠を誘います

夏休みにおじいさんの家にお泊りするのが、子供たちの恒例行事となっています。おじいさんの家は平凡な家ですが、いつもと違う環境で寝泊まりするのを、子供たちは楽しみにしています。そこで、絵本「おとまり、おことわり?」(ボニー・ベッカー文、ケイデ…

絵本「くまのオルソン」ぬいぐるみを愛すること

体が大きくて友達ができないクマのオルソンと、ぬいぐるみのクマとの交流を描いた絵本。一風変わった物語は、映画「ラースとその彼女」を思い出させます。最後に、小さな奇跡が待っています。 くまのオルソン ラスカル_::_Rascal 徳間書店 1575円 Amazonで購…

絵本「リスとお月さま」は十五夜に読みたい

前回、紹介した「リスと青い星からのおきゃくさま」で興味を持ったので、同じ作者のリスと森の仲間たちの騒動を描く第1作「リスとお月さま」を読み聞かせしてみました。今回はリスの家にお月さまが落ちてきます。読者には、すでに見返しにそのからくりの顛末…

絵本「リスと青い星からのおきゃくさん」は,ほのぼののとした絵本で愉快な結末

絵本「リスと青い星からのおきゃくさん」は,熊の頭に突然,青い生き物が。青い色を見たことのない熊が驚いて,リスに相談します。見たことのない生き物だから,他の星から来たエイリアンでは? そこから始まる大騒動。リスと青い星からのおきゃくさんゼバス…

世界遺産になった富士山を調べよう「富士山のすごいひみつ100」

平成25年に世界遺産に登録された富士山を近くで見ようと,川口湖畔の旅館に家族旅行をしてきました。湖楽おんやど富士吟景やはり,麓の町で見る富士山は雄大で,露天風呂につかりながら眺めて,厳かな気持ちになりました。ちょうど河口湖花火大会に併せて…

絵本「漂流物」は一枚の写真から時空を超えて広がる世界が壮大

デヴィッド・ウィーズナーの絵本「漂流物」は、一枚の写真から時空を超えて広がる世界が壮大です。浜辺で拾ったカメラには不思議な海の世界が写っていた。写真の中の写真。過去と未来が一枚の絵、一枚の写真の中で重層的に表現される。形状も大きさも様々な…

子どもと一緒に花火を見る楽しみに満ちた絵本「花火の夜に」

花火はどうして、あんなにもみんなを熱中させるものなのでしょう。一瞬だけの芸術だからでしょうか。写真やビデオに移して残そうとしても、実際に目の前で迫力ある花火を見てしまうと、せっかく写した写真や映像も物足りなくなります。だから、毎年、花火大…

中毒になるモノクロ絵本「ドーナツなんていらないよ」

表紙を開くと、表紙裏の袖に、「ちゅうい ちゅうどくになるほんです」との文字がありました。中毒って? と驚くと同時にページをめくると、子供がドーナツを食べたくて街に冒険に出る話らしい、とわかってきます。 主人公のサムは、ドーナツ売りのビックさん…

絵本「おばけのゆかいなふなたび」つっこみたくなる愉快な展開

夏と言えば海。海と言えば船旅ですよね。おばけたちも船の旅にわくわく。でも,船には船長も船員もいないようです。ジャック・デュケノアによるおばけシリーズの最新刊。夏と海とおばけ。過ぎゆく夏を懐かしみながら読むこの絵本のキーワードから怖い話を、…

子どもと遊ぶ手軽なトランプゲーム「大貧民(大富豪)」で盛り上がる

小学校2年生と4年制と遊ぶトランプゲームで、我が家のブームは「大貧民」です。 夢中になる!トランプの本―ゲーム・マジック・占い (主婦の友ベストBOOKS) 作者: 草場純 出版社/メーカー: 主婦の友社 発売日: 2007/11/29 メディア: 単行本 購入: 3人 クリッ…

絵本「かさどろぼう」スリランカが舞台のちょっといいお話

絵本「かさどろぼう」は、スリランカの絵本作家による珍しい絵本です。第三回野間国際絵本原画コンクールの入賞作品です。かさどろぼう作者: シビルウェッタシンハ,Sybil Wettasinghe,猪熊葉子出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2007/05メディア: 大型本 ク…

8月といえば怪談!こわくないおばけ絵本です「つられたらたべちゃうぞおばけ」

夏といえば、怪談。おばけの絵本を探していたら、面白い題名の絵本を見つけました。絵本「つられたらたべちゃうぞおばけ」は、まず題名に子どもは惹かれました。つられたらたべられちゃうってどういうこと? つられたらたべちゃうぞおばけ (絵本・こどものひ…

絵本「しろちゃんとはりちゃん」,けんかできる友達っていいよね

6歳の娘が,「書いてくれた人にありがとうって言いたいな」と素直に喜んでいました。それほど,うさぎとはりねずみの友情の物語で,ストレートに心が温まります。しろちゃんとはりちゃん作者: たしろちさと出版社/メーカー: ひかりのくに発売日: 2013/10/04…

「ニワシドリのひみつ」珍しい鳥の不思議な生態がわかる絵本

あずまやをつくる鳥がいるって、皆さん知っていましたか。ニワシドリのひみつ (ちしきのぽけっと)作者: 鈴木まもる出版社/メーカー: 岩崎書店発売日: 2014/04/11メディア: 大型本この商品を含むブログを見る この絵本「ニワシドリのひみつ」は、その珍しい鳥…

夏が来た!絵本「うみべのおとのえほん」で夏を聞き取ろ

子犬のマフィンは音を聞き取るのが上手です。ある日、海にやってきて、海を音で感じます。うみべのおとのほんマーガレット・ワイズブラウンほるぷ出版1404円Amazonで購入海ではいろいろな音が飛び交っていました。海鳥の鳴き声、遠洋定期船の汽笛、ボートが…

暑い夏の夜は素直に愛情を表現できて子どもを眠りの世界へ誘う絵本「おやすみなさい」

夏の夜は寝苦しくて子どもを寝かせつけるってなかなか大変ですよね。そんな時には、素直に読み聞かせするだけで,愛情を表現できて,子どもを眠りの世界へスムーズに誘う絵本「おやすみなさい」(ヴィルジーニ・アラジティ作、カヒミ カリィ訳 アノニマ・ス…

暑い夏の日に、浮き上がるしろくま探しに子どもと夢中になる絵本「しろくまさんはどこ?」

最初のページが大胆で、驚いてしまいます。白い氷の上にしろくまがいるよとの文章で、真っ白なページ。当然、しろくまは見つけられません。でも、次のページで、しろくまが振り向くと、目と鼻と口だけで、しろくまがいることがわかるという仕掛け。しろくま…

野菜嫌いの子供を持つお父さんに読み聞かせしてほしい絵本「ピーマン・にんじん・たまねぎ・トマト!」

絵本「ピーマン・にんじん・たまねぎ・トマト!」の話は,トマトが大嫌いというゆうちゃんに,お父さんが作った野菜の料理なら食べるよ,挑戦状を出したところから始まります。ピーマンやにんじん,タマネギならいいけど,トマトは絶対入れないでと買い物に…

絵本「知って楽しい花火のえほん」で紹介されている,線香花火が長続きするコツが役立つ!

夏になると,こどもと一緒に花火大会に行ったり,線香花火をしたくなります。この間,子どもと線香花火をしていたら,すぐに落ちてしまいました。そこで,この本を読んでみたら,長続きするコツが載っていました。さっそく試してみよう!知って楽しい花火の…

我が家流!小学校低学年の子ども向け読書感想文の書き方は読み聞かせが大切ー課題本「なみだひっこんでろ」の場合

夏休みになると、小学生の宿題に読書感想文が課題になり、苦労しているお母さんやお父さんに、我が家流の読書感想文の書き方、というか書かせ方ですが、その方法をお教えします。我が家の三女は、小学二年生。昨年の一年生の時には、本を読ませて、感想を書…

新国立競技場問題で思うことー未来の子どもたちのために

今回は趣向を変えて、問題となっている新国立競技場問題について、思うことを書いてみます。 新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年 作者: 槇文彦,大野秀敏 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2014/03/27 メディア: 単行本 この商…

夏休みには親子で太陽光発電を作ろう!「親子でつくる自然エネルギー工作2 太陽光発電」

夏休みといえば、自由研究、読書感想文、そして、工作の宿題が待っています。そこで、参考になる本を紹介します。川村康文さん編集、高橋真樹さん写真・文の本「親子でつくる自然エネルギー工作2 太陽光発電」は、親子で省エネを考える機会となって、かつ実…

もうすぐ夏休み! 子供の自由研究を助けるイクメンになるには…「お父さんが教える図書館の使いかた」

夏休みになると、小学生の子供には自由研究をどうまとめるかの問題が毎年、持ち上がります。私の娘も、今年はハーブのことを調べたいと言っています。今ならなんでもインターネットで調べられんじゃないと言えればいいのですが、STAP細胞問題もあって、コピ…

省エネ動物のパンダにまつわる疑問がすぐに分かる本「飼育員さんおしえて! パンダのひみつ」

先日、子どもと一緒に上野動物園のパンダに会いに行きました。パンダって、理屈抜きにかわいいですよね。でも、どうして、いつも寝ているような印象があるのでしょう?。それから、パンダのしっぽは白色か黒色かどちらでしょう? パンダはどうして竹を上手に…

美術って何? 小学生の娘が絵を描くことに苦労していた時に読み聞かせした絵本「てん」

小学生の娘が,夏休みの宿題に絵やポスターを描くことになりました。でも,なかなか絵筆が進まない,そんな時,親はどうアドバイスしたらいいかと悩んでいたら,絵本「てん」に出会いました。 てん ピーターレイノルズ あすなろ書房 1365円 Amazonで購入書評…

子どもに美術館を教えるなら、絵本「美術館ってどんなところ?」

子供向けの美術館入門書として、絵本「美術館ってどんなところ?」を紹介します。見学の仕方や、館長や学芸員の役割、特別展や常設展、巡回展の説明、そして、なにがどのように展示されているかが、イラストで細かく描写されています。絵本の途中では、見開…

兄弟げんかをする子どもに読み聞かせしたい絵本「おにいちゃんといもうと」

平凡なタイトルの絵本ですが、妹が大きな絵を描く中盤の場面からそれまとは違った展開となります。我が家の姉妹も、ケンカしたりはしゃいだり、むくれては慰めたりと、忙しくも賑やかな毎日を過ごしていますが、一人でいると寂しそうです。そんな姿を思い返…