読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

読み聞かせのテクニックを上達させる絵本「ライオンとねずみ」

読み聞かせのテクニックを上達させる絵本「ライオンとねずみ」です。

イソップものがたり ライオンとねずみ


   まず、ライオンの顔だけの迫力ある表紙と、ねずみの顔だけの裏表紙に驚かされます。本のタイトルは書いてありません。本を広げて、表紙と裏表紙を並べると、互いに見つめあっている、にくい演出がほどこされています。

 肝心の中身も、動物の鳴き声とイラストだけで構成されています。いさぎよいシンプルさ。地の文がないので、読み聞かせが難しい作品です。

 でも、大丈夫。ライオンに食べられそうになったねずみが助けられて、小さい生き物が何倍も大きく力のある猛獣に恩返しをするという、イソップの有名なストーリーなので、思い出しながら、子どもに読み聞かせをしました。考えようによっては、自分でお話を自由に工夫して組み立てて話せるということ。いろいろと工夫しながら子どもの興味を引くことはなかなか面白い体験です。

 読み聞かせの上級テクニックが必要になりますが、挑戦しがいのある楽しい絵本です。