イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

絵本「アップルムース」はイクメン絵本の見本です

アップルムース

アップルムース


アップルムースという料理が得意なお父さんを、息子の視点から描いた縦長の絵本です。書棚に置くと、ほかの本より一つ頭が抜け出します。絵本の形態自体が、「お父さん」を表現しているようです。

サボテンのひげをはやし、クッションみたいなおなかのお父さん。寝ているときは、そばで悪い夢を追い払ってくれるお父さん。そんな優しいはずのお父さんにに怒られて、息子のヤネマンは新しいパパを探しに暗い森に入ってしまいます。

ここまで、娘に読み聞かせをしてあげていたら、「これが夢だったらいいのにね」と一言。

本当に森の場面は怖いです。でも、その森を抜けてまたアップルムースのにおいに包まれる場面では、台詞や地の文は全くありません。娘とただ、その一連のシークエンスに描かれたイラストを眺めているだけで、心がほっこり温かくなり、二人で笑みを交わしました。

子育てって、いいものですねと素直にいえる、イクメンの方におすすめできる絵本に出会いました。