イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

絵本「はだかのおうさま」アンデルセンを読み返そう。昔話は偉大です。


アメリカ映画やドラマで赤ずきんやヘンゼルとグレーテル、白雪姫などの昔話がリメイクされて、ヒットしています。

そこで、いもとようこさんが訳した「はだかのおうさま」を、読み聞かせしてみました。


有名なお話しなのですが、あらためて一読すると、現代の世情に通じる部分もあって、大人の私の方が驚く場面も。

たとえば、大人の方が見栄や偏見があって、素直に自分の気持ちを出せずに、うそをついてしまうとか。

最後、何も考えずに見たままを発言する子供は1人ではなく、大勢だったのも、記憶と違って、新鮮でした。

意外と世の中に広まっている話は、短縮版や表現が軟らかになっていたりするのに、それで全てを読んだ気になってしまうので、
たまには、昔話をじっくり丁寧に読み返してみたいものです