イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

絵本「ハムスターのかいかたそだてかた」脱走したハムスターの捕まえ方がわかります


娘が幼稚園に通ってたころ,ハムスターを誕生日プレゼントに欲しいというので,ハムスターを飼うにはどのような準備や心構えが必要なのかと調べてみました。

そこで,絵本「ハムスターのかいかたそだてかた」を入手。

ハムスターのかいかたそだてかた (かいかたそだてかたずかん6)

ハムスターのかいかたそだてかた (かいかたそだてかたずかん6)

そこには,驚くべき実態が記されていて,飼いたくはならなかったのだけど,逆の意味で興味が増しました。

   例えば,「与えてはいけない餌」として,タマネギ,ネギ,ニラ,ニンニク,までは納得できるものの,「コーヒー」や「ガム」って,与えてしまう子どももいるのかな,と妙な心配が頭をもたげました。

それから,散歩代わりに室内での遊ばせ方や,18ページには,脱走したときのハムスターの捕まえ方が書かれていて,ゲージに入れておくだけでは駄目なんだと,またまた心配が増しました。

そして,極めつけは,ハムスターの寿命は2,3年で,死んでしまったら「庭がある場合は,庭に埋める」,なければ,市役所に火葬の相談!?をして,ゴミとして出さないこととありました。

その後は,良い思い出(または教訓か)として,次に飼うときには同じ失敗をしないようにしてくださいと,締めくくってありました。

この絵本を読んで,ハムスターのことに詳しくなり,ユニークで具体的なアドバイスに何度も笑って,とても興味深かったのですが,いろいろと大変かもと子どもを説得して,残念ながら,今回はハムスターを飼うことは見送りました。でも,この絵本は一読の価値ありです