イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

絵本「こまったうしのがいこつまおう」人生で大切なものが何か途方に暮れた方へ

題名で何? 「うしのがいこつまおう」って何?

はてなマークが頭に渦巻く題名で子供の興味を引きつけます。

でも、うしのがいこつまおうの説明は特にありません。でも、その代わりにわかることとは?

こまったうしのガイコツまおう

こまったうしのガイコツまおう


うしのがいこつまおうは、牛であり、骸骨であり、魔王なのです。自分が何者であるのか自分で分からず、途方に暮れています。そこで、偶然、白猫に出会ったことから、自分が牛か骸骨か魔王か見極めようとしますが…

多彩な才能を持ちながら、逆に困惑してしまう主人公には、現代の人間にも通じるものがあります。選択肢が多いだけに、一つに絞れなくなっています。そして、自分の才能に溺れて、何が大切かを見失ってしまい、大切なものを失いそうになってしまう。子供向けに単純にデフォルメしている物語です。それだけに、読み機汗をしている大人の方が、けっこう胸に突き刺さる内容かも。

ラスト、大切なものが何であるのか気付いた主人公。この本を読んでいるあなたにも、一番大切なものが既にあることを気づかせてくれます。