イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

あみだくじ、だけの挑戦的な絵本「あみだだだ」


30ページに15のあみだくじ、それだけの挑戦的な絵本「あみだだだ」です。

あみだだだ (日本傑作絵本シリーズ)

あみだだだ (日本傑作絵本シリーズ)


ひとつひとつのあみだには、谷川俊太郎さんの言葉遊びに満ちた詩が添えられています。
例えば、次の文章。

あみだだだ
だだあみだ
あがってさがって
げろしゃんぴ

ごろが良くて、よみやすく、意味はない擬音語の数々。子供たちは喜んで読みながら、線をたどって行きます。

元永定正さんのあみだの絵は、カラフルでルールがなく、どれにたどり着いたら、あたりということもありません。自分たちでルールを決めて遊ぶと良いでしょう。

最後のページのことばは、「あみだだだ なんまいだ どこにいるのか あみださま」

元永さんの遺言のような絵は、眺めているだけで楽しめ、子供と夢中になって、あみだくじをしてしまいました。