イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

映画「シンデレラ」を観ると,原作絵本も読みたくなります

映画「シンデレラ」を二人の娘と観てきました。 

シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

シンデレラ オリジナル・サウンドトラック (2CD)

 

 「マレフィセント」とは違って、原作に忠実な内容でした。日本語版を鑑賞しましたが、フェアリーゴッドマザーは、適切な和訳で表現して欲しかったな。妖精とか。それから、魔法で古いドレスが青いきらびやかなドレスに変身するシーンは、プリキュアを思い出して、笑ってしまいました。

 
突っこみどころを探すのも面白いですが、舞踏会のシーンが華やかで,正統的なお姫様ストーリーです。ネズミたちもかわいいし、妖精役のヘレナ・ボナム・カーターや、悪役のケイト・ブランシェットも適役で、盛り上げてくれます。惜しむらくは、王子様が最初からいい男すぎて成長がなく、わがままに見えてしまうところでしょうか。
 
原作はどんな設定だったのかな?
シンデレラ

シンデレラ

 

 グリムとかアンデルセンが原作者と勘違いしていました!

西欧で昔から伝えられていたのですね。シャルル・ペローのバージョンが有名ですが,今回は刊行が日本で2015年と新しい,バーバラ・マクリントックの絵本を読んでみました。

シンデレラのお父さんが死んでいない,継母は舞踏会に行っていないとかとかの相違点があります。一番の相違点は,舞踏会の前に,王子様とシンデレラが出会っている点が映画の大きな脚色でした。

この機会にいろいろなシンデレラの絵本を読み比べてみることをお勧めします。

 

シンデレラ―小さなガラスの靴 (ミキハウスの絵本)

シンデレラ―小さなガラスの靴 (ミキハウスの絵本)