読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

「絵本作家という仕事」はインタビューもアトリエも洒落ている


15人の絵本作家のインタビュー集で、アトリエ写真も紹介されています。

絵本作家という仕事

絵本作家という仕事



   とにかく紹介されているアトリエがカラフルでエネルギッシュでクリエイティブで、こんな仕事場で仕事したらはかどるだろうなと羨ましかったです。

インタビューの内容も絵本への情熱や、絵本作家になるまでの苦労、絵本を作る際の努力が素直に言葉にされていて、間近で立ち話しているように、心に響きました。

なかでも、読み聞かせをする大人へのメッセージである「せっかくの絵本なんだから絵も味わって欲しい。読み聞かせする時には大人は文字ばかりおうでしょう。子どもは絵をじっくり見て、細かな発見をしてすみずみまでたのしむ」という荒井良二さんの言葉は耳が痛いです。

「絵本はエンターテイメント。心地よいリズムでめくってめくって、だれか読み聞かせしたくなるものが目標」という言葉にも共感させられました。

素敵な絵本をたくさん届けてください。

絵本の本質がすんなりと理解できますので、絵本作家を目指す人、絵本が好きな人、そして、読み聞かせをする人にオススメです