イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

こどもにしゃっくりの止め方を教えるなら,この絵本「くしゃみ おなら どうしてでるの?」


こどものしゃっくりが止まらなくなりました。そこで、息を止めて水を飲ませたんだけど。それでよかったのかなと思って、調べたら、この本に出会いました。なんと、べろを思い切りだせばとまるんだって! 始めて知りました。



くしゃみおならどうしてでるの? (からだのふしぎしりたいな (2-6))

  • 辻山タカ子
  • 学研
  • 1575円

Amazonで購入

しゃっくり以外にも、くしゃみやおなら、あくびなど体から思いがけずでる音について、わかりやすく説明している絵本です。

くしゃみは、ウィルスを体外に出すため。でも、人に向けないようにね。

あくびは、新鮮な空気を体に取り入れるため。だから、閉め切った部屋では、あくびがでやすいし、同じ部屋にいる人にあくびがうつったりするんだね。

おならは、食べ物を食べたときに一緒に入った空気やガスを出すため。臭くないおならをするためには、肉ではなく野菜を食べるといいらしい。だから、肉食のライオンよりも草食の象の方がおならがくさくないんだとか。これも始めて知ったよ。子どもも驚いてたよ。象のおならって、においそうだもんね。

こんな具合に、体から出る音の不思議について、イラスト入りで紹介しているので、子ども一人で読んでも理解しやすい内容です。もちろん、大人の方が読んでも、雑学が豊富になりますよ。