読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

絵本「105人のすてきなしごと」の105人って何だろう!?

絵本


小学四年生の娘が金管楽の部活を始めて1年になります。8月のコンクールを目指して、練習に励んでいます。クラブ活動は初めてなので、みんなで協力して目標に向かって練習することも初めてですし、楽譜を覚えるのに苦労しているようですが、楽しんで演奏しています。

前振りが長くなってしまいましたが、そんな時に絵本「105にんのすてきなしごと」を見つけました。もう、物語のツボがわかってしまうような前振りで申し訳ありません。


105にんのすてきなしごと

Amazonで購入

「105人の仕事ってなんだろうね?」「みんな夕方に起き始めて、身支度を整えているよ」「男の人も女の人も同じペースで準備しているね」「何が始まるのかな」
ワクワクしながら読み進めて行くと、ネタバレしてしまいますが、105人はオーケストラの楽団員でした。

「オーケストラって105人で一つの曲を演奏するんだね」「105人それぞれがみんな努力して、できる仕事って面白いし、なんかすごいね」
この絵本を読んで、娘はさらに音楽に興味を募らせたようです。一つの目標に向かって準備して痛く105人の人々が準備して行く様子を丁寧に細かく描いた絵本、チームワークの素晴らしさを子どもに伝えられて、オススメです。