読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

子どもが眠れなくなるほど、読み聞かせができない怖い絵本「かがみのなか」


鏡の中にもう一人の自分がいるという設定。恩田陸さんの文章は詩のように、シンプル。でも、それゆえに、薄気味悪いものがじわじわと迫ってきます。鏡は日常の中に、いろいろなところにあります。例えば、食事の時に使うスプーンにも自分が写っていてびっくりするとか。

怪談えほん (6) かがみのなか

怪談えほん (6) かがみのなか



そんなシンプルな文章と設定を広げてくれるイラストも緻密です。鏡から蝶々が出てくる場面が、そんな日常と非日常の境目がなくなる瞬間があることをさりげなく気づかせてくれます。

恩田陸さんの「夢違」を原作としたテレビドラマ「悪夢ちゃん」は、うちの子供たちも大好きな番組でした。世界観が似ているから、読み聞かせできるかなと思ったのですが、ちょっと無理かな。でも、子どもは好奇心が強いので、怪談とかお化けとか好きなのですが、眠れなくなっても親としては困るしなあと、ちょっと親泣かせの絵本でした。

怪談えほん (1) 悪い本

怪談えほん (1) 悪い本