読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

1冊で14人の絵本作家の個性がわかるお得な絵本「エリック・カールと仲間たち きみのすきなどうぶつなあに?」

絵本


エリック・カールが同僚の絵本作家に呼びかけて,好きな動物の絵とその理由のコメントを集めた絵本です。選んだ動物やその理由、そして、描き方が、それぞれの個性を活かしてバラエティに富んだものとなっています。「ルーシーちゃん」シリーズのールーシー・カズンズが豹で、「どこいったん」のジョン・クラッセンがアヒルを選んだのは、その理由も含めて、そうだよねと相づちを打ちたくなります。


エリックカールのきみのすきなどうぶつなあに? (ポプラせかいの絵本)

Amazonで購入
書評

「トリクシーのくたくたうさぎ」の作者モー・ウィレムズは、ティンクティンクと鳴く鳥がお気に入りと言っておきながら、その鳥の姿は描いていません。実は◯◯もお気に入りなんだと説明した時のシニカルな笑いを誘います。気になる方はぜひ、そのページで確かめてください。

極めつけは、ニック・ブリュエル。この作家は良く知りませんでしたが、漫画のようなコマの配置で、コントをみせてくれます。タコが好きということで、その生態を紹介しています。ところが、途中で嫉妬した猫のキティが邪魔をし始めます。そこへエリック・カールからプレゼントが届いて、と言う展開が愉快です。ちなみに、エリック・カールの好きな動物は、猫です。

image

その他にも、ピーター・シスの青いコイは幼い頃のエピソードが感動的、ピーター・マッカティのぺージからはみだしそうなうさぎなど、それぞれの絵本作家の個性が動物の描き方だけで伝わってくる楽しい絵本です。