読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

絵本「おかしのくにのうさこちゃん 」は無表情なのに愉快

絵本

 

無表情なウサギが主人公のこのシリーズ、いつも同じ顔なのに、いろいろと感情がにじみ出てくるところが不思議で、スキなんです。

 

 

 
ひょうひょうとした語り口にも惹かれます。この絵本でも、おかしの国に対する想像がどんどんふくらんでいって、雨や敷石やなんでもかんでもおかしになって、やりたい放題になる。けれども、結局最後は自己完結していくという展開に思わず微苦笑が漏れてしまいます。

シンプルで余計なものを描かないイラストが相乗効果となって、教訓めいたお話なんだけども、説教くさくないおとぎ話として、好ましいものとなっています。

こどもたちもワクワクしながら読んでいき、妙に納得していました。そして、繰り返し読んで、おかしの国を楽しんでいました。自分だったら「クッキーのクッション」とか「アイスクリームのプール」とかを食べたいなと、絵本から飛び出して、自分だけのおかしの国を想像していました

こどもだけに読み聞かせるにはもったいないユーモアにあふれています。