読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

子どもに美術館を教えるなら、絵本「美術館ってどんなところ?」


子供向けの美術館入門書として、絵本「美術館ってどんなところ?」を紹介します。見学の仕方や、館長や学芸員の役割、特別展や常設展、巡回展の説明、そして、なにがどのように展示されているかが、イラストで細かく描写されています。絵本の途中では、見開きページをさらに大きく開いて、美術館の外観と内部を一望できるページまであります。

美術館ってどんなところ?

美術館ってどんなところ?


ただし、丁寧な内容のせいか説明の文章が長くなってしまい、読みにくいかもしれません。漢字にはルビをふってはありますが、子ども一人で読むには小学校中学年程度を想定しているのでしょう。小学校低学年の場合は、お母さんお父さんの出番ですね。内容を時折省略してもいいので、かみ砕いて読み聞かせしてあげると、美術館への興味が増していきます。

むしろ、途中で出てくる美術館トリビア、泥棒をめぐるユーモラスなエビソード、巻末に掲載された自分だけのミニミュージアムやフォトフレームの作り方や、美術館クイズの方が、子どもは夢中になってしまうかも。

どちらにしても、子どもといっしょにアートを楽しむきっかけになる絵本です。ところで、こんな秘密知ってた? 「芸術作品は、トラックや船、ときには船で運ばれて旅するんだよ」