イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

美術って何? 小学生の娘が絵を描くことに苦労していた時に読み聞かせした絵本「てん」

小学生の娘が,夏休みの宿題に絵やポスターを描くことになりました。でも,なかなか絵筆が進まない,そんな時,親はどうアドバイスしたらいいかと悩んでいたら,絵本「てん」に出会いました。

 


てん

Amazonで購入
書評

絵を描くことが嫌いな女の子ワシテが、ぽちっと点を描いただけの作品を先生に提出したら、立派な額に収められ展示され,思いがけず評判になってしまった。そこから、いろいろな点を描くことに目覚め、絵を好きになっていきます。

点といっても,いろいろな色の点があり,いろいろな描き方の点がある。「点を描かないで、点をつくることまで、やってのけた」というくだりまで読んで、作者が苦労して工夫をして作り上げたものなら,全て芸術なんだと感心しました。

 美術や芸術というと、現代アートの作品の中で,解釈できない作品を前にした時に困惑しか今まで感じなかったのです。でも、画家が工夫して想像した作品に,素直に感動を感じればよかったのですね。子どもに絵を描かせる時も、親の解釈で見るのではなく、子どもの感性を信じて,それを伸ばしてあげるようにしたいなと反省しました。

そして,この絵本の主人公ワシテのように,次の世代へと芸術が引き継がれるように,その作品を賞賛していけたらいいな。