読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イクメン読み聞かせソムリエ

3人の娘を持つイクメンによる四苦八苦の生活の中から,,絵本や読み聞かせの寄りな情報を発信します。

スポンサーリンク

8月といえば怪談!こわくないおばけ絵本です「つられたらたべちゃうぞおばけ」


夏といえば、怪談。おばけの絵本を探していたら、面白い題名の絵本を見つけました。絵本「つられたらたべちゃうぞおばけ」は、まず題名に子どもは惹かれました。つられたらたべられちゃうってどういうこと?

 
つられたらたべちゃうぞおばけ (絵本・こどものひろば)

Amazonで購入

表紙を開いて読み始めると、公園で遊んでいる子どもたちの姿から 物語が始まります。そこへ、いきなりおばけが登場して、「つられたら、たべちゃうぞ」と言って、欠伸をします。その欠伸につられて欠伸をした子どもをパクッと食べてしまう怖い展開に、読んでいる子どももびっくり。

でも、大丈夫。実は、寂しがり屋のおばけは子どもたちと遊びたかっただけなのです。食べたのではなく、口に含んだだけで、すぐに子どもを吐き出します。

次に自分で体をくすぐって笑い出したおばけを見て、釣られた笑だした子どもも…

物語そのものも、イラストの印象も昔懐かしい昭和の絵本のようにノスタルジックで、見ているだけで癒される絵本です。子供達が家に帰る時間となって、ひとりぼっちとなったおばけ。お化けを見て泣き出す赤ちゃんにつられて、泣き出したお化けにも、迎えに来たお母さんがいて、というオチも微笑ましい展開でした。